「いいねーお嬢様は。
それだけのミニになっても、清楚で気品あふれるねー」
「もうゆるして下さい。」
「俺は短いスカートがすきなだけだっていってるだろ。
どうしてあげれないんだよ
理由を言ってみな。」
「みっ見えてしまいます。」
「何が見えるのかな」
「あの、しっ下着が・・・」
「下着って何だよ?ちゃんと
名前をいいな。」
「ショーツです」
「もうおろしてもいいでしょうか」
「ばかやろう!パンティと言え!
もう一度はっきりと理由を言うんだよ!!」
「はっはい。パンティが見えてしまいますので、これ以上スカートを
あげさせないでください。もう言われるとおりにやりました。帰してください!」
「よし。まずはそのまま後ろを向け。
俺は股下ゼロセンチって言ったんだ。
しかしお前は脚が長いからまだ10センチはあったぜだから俺がやってやるよ。
「もう5センチあげてくれよ。」
「膝上120センチのミニスカートにな
わかるかいこの意味が?けっけっけっ」